■トラツグミ(虎鶫)

トップページ > 身近な鳥たち > トラツグミ 更新日:2015年02月06日

時期 一年中。平地や暖地に移動する冬に見かけることが多い。 大きさ ツグミの仲間にしては大型。ハトより小さい。(L30cm)
環境・採食 平地から山地の林で、土中の昆虫やミミズ、木の実など。
行動・動作 地上をトトトトと跳ねて進む。
特徴 雌雄同色。頭からの上面は黄褐色、下面は黄白色。上面・下面ともに黒色の鱗模様がある。
鳴き声 普段は「ガッガッ」など。 ◆さえずり:繁殖期、夜間に「ヒィーイ」と鳴くという。
トラツグミ(横)
(1) ◆成鳥 2005年02月 茅ヶ崎市・中央公園
(1)〜(4) は同一日時・同一個体。
トトトトと走る時は前傾姿勢。頭を下げ、体を水平にして、そう、ジュラシックパークのティラノサウルスの走る姿のようです。
ひとまわり小型のシロハラに追い払われていました。(弱!)
トラツグミ
(2)
目がかわいい。
トラツグミ(背)
(3)
背中を見ると確かに「トラ」の名が付くのも納得・・・ん?どちらかと言うとヒョウ(豹)ですね。
トラツグミ(正面)
(4)
大きさなどは全然違うけど、この角度から見るとライチョウ(雷鳥)にも似てるね。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system