■オオバン(大鷭)

トップページ > 身近な鳥たち > オオバン 更新日:2012年01月014日

時期 撮影地では一年中。冬に数が増える。(東北以北では夏鳥として繁殖。それより南では留鳥か冬鳥。) 大きさ コガモぐらい。(L39cm)
環境・採食 川、池などで泳ぎながら水草や昆虫など。逆立ち採食や潜水もできる。
行動・動作 冬は群れる。泳いでいることが多く、あまり歩かない。
特徴 雌雄同色。全体に黒っぽい。頭部から首は黒色で体は灰黒色。成鳥は額の白い板が特徴。嘴は白。目は赤い。足指には特異な水かき[1]がある。[1] カモのような水かきではなく、指の両脇に膜がある。
夏羽:足は黄色っぽい。◆冬羽:足は黄色味のある鉛色。
鳴き声 「ケッケ」や「キュッ」など。
オオバン
成鳥 2005年02月 大和市・泉の森公園
遠目からは「小型のカモ?」って感じです。
バンと異なって地味。水かきがあるのもバンとの相違点。
オオバン(若鳥)
若鳥 2004年12月 藤沢市・引地川
額の額板は小さく、体色は褐色を帯びるので若鳥のようです。
嘴が白く見えますが、朝日に反射して露出オーバー。実際は灰色っぽい色でした。
オオバン(正面)
(1) ◆正面 2011年02月 藤沢市・境川
(1)〜(3)は同一日時・同一個体。
ていねいに羽繕をしていました。そして・・・続く→
オオバン(歩き)
(2) ◆歩き
やや不恰好な歩きで水の中へ。この動作がけっこう可愛い。
目は赤い
(3) ◆頭部
目は赤っぽく、血走っているようで、ちょっと怖い。
足の指
水かき 2007年10月 大和市・泉の森公園
足が水中で見にくいですけど、指には節状にくびれたヒレ状の水かき。変なの!
群れで採食
群れ 2012年01月 茅ヶ崎市・小出川
冬場は群れます。河原に上がって草をバクバク食べていました。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system