■キョウジョシギ(京女鷸)

トップページ > 身近な鳥たち > キョウジョシギ 更新日:2016年01月21日

時期 旅鳥(春と秋、渡りの途中で日本に立ち寄る鳥)。 大きさ ムクドリより少し小さい。(L22cm)
環境・採食 海岸や河川、水田などで甲殻類や貝類、ゴカイ、昆虫など。魚や動物の死骸も好むとのこと。
行動・動作 小群になる。小石や海藻などをひっくり返しながら餌を探す。
特徴 雌雄ほぼ同色。顔に黒模様。上面は茶色と黒の斑模様。首〜胸は黒く、腹は白い。嘴は黒。足は橙色。
オス:[夏羽]頭部は白く、頭頂は黒褐色のゴマ塩頭。上面の茶色が鮮やか。[冬羽]頭部の白い部分が褐色になる。上面の茶色が褐色になる。胸は黒褐色。
メス:[夏羽]頭部の白色は少なく、褐色っぽい。上面は茶色が少なく、褐色っぽい。[冬羽]冬羽オスと同じ。
鳴き声 普段は「ゲレッ」、「キョウ」、「キュウ」、「キョキョ」、「ピョピョ」、「ピリリ」などいろんな声で鳴く。
キョウジョシギ(夏羽)
(1) ◆成鳥(夏羽) 2013年05月 大磯町・照ヶ崎海岸 (1)〜(4)は同一日時・同一群
小群が磯の岩場で採食中。嘴も足も短いのでシギらしくありません。左がオス。三毛猫っぽい色模様。右がメス。上面は褐色っぽい。
少し離れたところにチュウシャクシギが1羽いました。
キョウジョシギ(オス、夏羽)
(2) ◆オス(夏羽)
「嘴はわずかに上に反っている。」と、言われないと気付かない。オスはゴマ塩頭。
こんな写真しか撮れない・・・悲しい。
キョウジョシギ(メス、夏羽)
(3) ◆メス(夏羽)
頭頂は褐色に見える。
何か用?
(3) ◆オス(夏羽)
何か用かい?
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system