■カワウ(河鵜)

トップページ > 身近な鳥たち > カワウ 更新日:2016年01月21日

時期 一年中。 大きさ 体はトビぐらいだが首が長い。ウミウより小さい。(L81cm W129cm)
環境・採食 川や池などで潜水して魚を獲る。
行動・動作 翼は水をはじく油分が少ないので、濡れた翼を広げて乾かす。集団営巣する。
特徴 雌雄同色。全体に光沢のある黒色。翼はやや茶色を帯びて黒褐色。嘴の基部は黄色で、白い頬との境界は丸みがある。目は緑色。
◆婚姻色:頭から首にかけて、そして腿にも白い羽が出てくる。嘴は黒ずむ。
鳴き声 あまり鳴かない。集団の中で「グルルルル」、「コァコァ」など。
カワウ(横)
成鳥 2003年11月 藤沢市・引地川
最近は数が増えて、養魚場の魚をかすめ獲ったりして嫌われています。
また、集団で営巣し、その糞で草木を枯らすなどの被害が多発(琵琶湖など)して問題になっています。
魚を獲るため20秒ぐらいは潜っているので、どこに浮き上がってくるかを待っているのも楽しいのですけどね。
カワウ(婚姻色)
婚姻色 2008年01月 藤沢市・引地川
白髪の長老?って感じです。ずいぶんイメージが変わります。
カワウ(泳ぎ)
泳ぎ 2004年04月 茅ヶ崎市・小出川
泳ぐ姿は、カモなどの水鳥に比べてずいぶん体が沈んでいます。尾羽は水に漬かり、とても長く見えます。
カワウ(乾けー!)
日光浴 2004年04月 藤沢市・引地川
潜った後は翼を広げて乾かします。
このように全開にするのは疲れるのでしょう、半開きにして乾かしているときもあります。
カワウ(若鳥)
若鳥 2007年02月 横浜市栄区・柏尾川
腹は白っぽく、体の色も淡色で全体に茶褐色。遠目でトビかと思いました。
顔
 2014年10月 藤沢市・引地川
目は緑色。嘴の先端は鉤状に鋭く曲がる。くわえた魚は逃がさんぞ!

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system