■カワラヒワ(河原鶸)

トップページ > 身近な鳥たち > カワラヒワ 更新日:2012年03月15日

時期 一年中。でも冬に見かけることが多い。 大きさ スズメぐらい。(L15cm)
環境・採食 林、農耕地、河原などで樹上や地上で主に草木の種子など。
行動・動作 冬は群れになる。飛び方はヒラヒラしている。
特徴 雌雄ほぼ同色。全体に緑がかった灰褐色。腹は褐色。翼の縁にある黄色い紋は、飛ぶと黄色い帯になって目立つ。尾羽は凹。
オス:翼の黄色い紋が鮮やか。◆メス:全体にボーとしている。
鳴き声 普段は飛びながら「チュウーン」や「キリキリキリ」など。◆さえずり:いろんな声でさえずり、オスは「ビーン」という声も出す。
カワラヒワ
オス? 2005年03月 茅ヶ崎市・中央公園
目を閉じちゃったの?あらまぁ、残念。
カワラヒワ(つがい?)
オスとメス 2006年04月 平塚市・相模川
つがいかな?手前がメス、奥がオスかな?
水浴び(その1)
(1) ◆水浴び 2006年07月 横浜市栄区・いたち川
(1)、(2)は同一日時・同一個体。
暑い夏、涼しげに水浴びをしていました。
,】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。
水浴び(その2)
(2)
凹形尾羽
尾羽は凹 2004年01月 藤沢市・境川
その名の通り、河原の藪などで群れを見かけます。
警戒心が強く、一斉に飛び立ち、川の対岸や高い木などに逃げてしまいます。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system