■カルガモ(軽鴨)

トップページ > 身近な鳥たち > カルガモ 更新日:2016年01月21日

時期 一年中。 大きさ マガモより大きい。(L61cm)
環境・採食 川、池などで植物の種子など。
行動・動作 普段は昼間は寝ていて、夕方から夜間に採食する。
特徴 雌雄ほぼ同色。
オス:全体に黒褐色。頭頂と過眼線は黒褐色。嘴は黒く、先は黄色。最先端は黒ポッチ。足は橙色。
メス:オスよりやや小柄で淡色・・・とのことですが、区別は難しい。
鳴き声 普段は「ゲェ ゲェ ゲェ」など。
オス:繁殖期に「ピィ」と小さな声を出す。
カルガモ
成鳥 2004年02月 大和市・泉の森公園
引地川で最もポピュラーな水鳥。
初夏、ヒナを連れだった引越しで有名ですね。
カルガモ(つがい?)
オスとメス? 2004年02月 藤沢市・引地川
つがいかな?それとも若鳥の兄弟?よく分かりません。オス/メスの区別は難しい。
カルガモ(幼鳥)
幼鳥 2004年08月 藤沢市・引地川
初夏に生まれた幼鳥。体は小さく、色も淡色。
翼(風切羽)も生えていないので、羽毛の背が丸見え。
飛べないので非常時は水を蹴って逃げます。これがけっこう高速!
カルガモ(親子)
親子 2010年07月 横浜市緑区・四季の森公園
池デビューして1ヶ月。奥の親鳥に比べて体は小さく、足の色は淡い。
お食事中
採食 2004年02月 藤沢市・引地川
水面採食の他、このように頭を水中に入れて採食もします。
逆立ち採食もできますが、潜水はできません。
翼鏡
翼鏡 2003年11月 藤沢市・引地川
翼の青い斑紋(翼鏡。よっきょう)は、翼を広げると帯に見えます。
陸で採食
群れ 2008年02月 平塚市・相模川  陸に上がって採食する姿もよく見かけます。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system