■イカル(桑?、鵤) ?は尸(しかばね)偏に「鳥」=「尸鳥」

トップページ > 身近な鳥たち > イカル 更新日:2016年01月27日

時期 一年中。寒冷地の個体は暖地に渡って越冬する。 大きさ ムクドリぐらい(L23cm)
環境・採食 平地から山地の林や農耕地で植物の種子や木の芽、昆虫など。
行動・動作 秋冬は小群となることが多い。波状に飛ぶ。群れ全体で波状になる。
特徴 雌雄同色。
夏羽:頭と顔前面は光沢のある黒。嘴は黄色で太く、基部に青味がある。上面と下面は灰褐色。翼と尾羽は黒く、紺色光沢が混じる。翼の白斑は飛ぶと白い帯になって目立つ。足は肉色。尾羽は凹。
冬羽:嘴の基部は白っぽい。
鳴き声 普段は「キョッ、キョッ」。◆さえずり:「キキョキー キー」、「キキョ キーキョ キー」、「キキイ キョエ キー」など。言葉にするのは難しい。
イカル(冬羽)
成鳥(冬羽) 2016年01月 松田町
鳴き声が「フィ、フィ」と聞こえたので、最初はウソかと思いました。
それにしても黄色い嘴が立派なこと!
体型はシメに似ますが、シメの方が小型。
コイカル(オス)にも似ますが、コイカルはその名の通り小さく、頭部全体が首まで黒色。
】マウスポインタを画像に重ねると、画像が切り替わります。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system