■ゴイサギ(五位鷺)

トップページ > 身近な鳥たち > ゴイサギ 更新日:2012年01月14日

時期 一年中。(東北地方以北では夏鳥) 大きさ コサギより小さい。ずんぐり。(L57cm)
環境・採食 川、池、水田などの水辺で魚、カニ、カエルなど。
行動・動作 動きは少ない。営巣地は平地の林で集団となる。
特徴 雌雄同色。後頭の白い冠羽が特徴。頭と背は青みがかった濃い灰色。体下面は白く、翼は灰色。目は赤。足は黄色。
夏羽:嘴は黒い。◆冬羽:嘴の基部が黄色くなる。
婚姻色:目先が青くなり、足は赤色を帯びる。
鳴き声 聞いたことはないけど、「ゴア」など。
ゴイサギ(夏羽)
(1) ◆夏羽 2004年05月 茅ヶ崎市・小出川
(1)、(2) は同一日時・同一個体。
獲物をひたすらじっと待ちます。コサギのようにウロチョロしません。
この時は、ただの休憩中のようでしたが、ほとんど動きませんでした。
おかげで20枚ばかり撮った写真はすべて同じポーズ。(少しは動いて!)
ゴイサギ(顔)
(2)
夏羽なので嘴は黒。他のサギに比べて太くて短い。
そのせいか、ずーっと見ていると・・・ペンギンに見えてくる?
この子の白い冠羽は1本でした。
ゴイサギ(幼鳥)
(3) ◆幼鳥 2004年11月 平塚市・金目川
(3)、(4) は同一日時・同一個体。
全体に褐色で白い斑。目もまだ黄色。数年かけて徐々に成鳥の羽色になります。
普段は首を縮めてラグビーボールみたい。首を伸ばしても・・・まだずんぐり?
コサギの勝ち
(4)
そーっと獲物を狙っていたら、コサギが舞い降りてきて漁場を奪ってしまいました。
第1回冬羽?
第1回冬羽(冠羽中?) 2006年12月 茅ヶ崎市
全体に灰色味が増し、背の白斑が細い。
距離は5mぐらい。カメラを向けても逃げませんでした。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭次のページ>>
inserted by FC2 system