■身近な鳥たち

トップページ > 身近な鳥たち 更新日:2017年02月05日

◆はじめに

野山や川沿い歩きなどで撮影できた鳥たちを紹介します。
素人撮影なのでブレボケですが、ふだん見かけることのできる野鳥たちを少しずつ追加できればいいな・・・と思います。
【注】図鑑などで確認していますが、成鳥/若鳥、夏羽/冬羽、雄/雌、婚姻色などで変わってしまうので・・・間違っていたら、ごめんなさい。
種名順へ 種名順一覧 名前から探す場合。
ページ内リンク:|野山の鳥(小型)野山の鳥(中大型)水辺の鳥

◆メニュー

▼野山の鳥(小型)・・・全長おおむね20cm以下

科名                       種名(鳥の名前)                      
アトリ科
ウグイス科
エナガ科
カエデチョウ科
キツツキ科
シジュウカラ科
セキレイ科
チメドリ科(1/2)
ツグミ科(1/2)
ツバメ科
ハタオリドリ科
ヒタキ科
ヒバリ科
ホオジロ科
ミソサザイ科
メジロ科
モズ科
撮影は難しいですね。
まず、どこにいるのか見つけるのが大変。
ピョンピョン移動する。
高い枝に止まる姿を撮影すると、多くは逆光で真っ黒。
木々の枝葉に隠れて全身が撮影できない。
またはオートフォーカスでは手前の枝葉にピントが合ってしまう。
私のデジカメにマニュアルフォーカス機能もあるけど・・・もたつく間に対象は・・・気付くといない。(悲)

【問い】以下の鳥たちの名前を知っていますか?
セグロセキレイ ハクセキレイ
モズ ジョウビタキ 

▼野山の鳥(中大型)

科名                       種名(鳥の名前)                      
カラス科
キジ科
タカ科
チドリ科(1/2)
チメドリ科(2/2)
ツグミ科(2/2)
ハト科
ハヤブサ科
ヒヨドリ科
フクロウ科
ムクドリ科
自転車に乗ってすぐ脇を走っても逃げないけど、歩いて10m以内に近づくのは困難です。本当ですよ。
試しにカメラを構えてハシブト君に近づいてみてください。ふふふ・・・ね!
身近な鳥とは言え、この距離感が野生なんですね。
不用意な餌付けなどは慎んで、この距離感を楽しみたいですね。

【問い】「ガァガァ」と、しわがれた声で鳴くのはどちらでしょうか?
ハシブトガラス ハシボソガラス

▼水辺の鳥

科名                       種名(鳥の名前)                      
ウ科
カイツブリ科
カモ科
カモメ科
カワセミ科
クイナ科
サギ科
シギ科
チドリ科(2/2)
野山の鳥に比べれば撮影は比較的に楽。
でも、やはり野生ゆえ人間との距離を保ち、目が合うと身構え、レンズを向けると飛び去ってしまいます。

【問い】メスのカモを並べてみました。区別できますか?名前まで分かればすごい!
ホシハジロ コガモ
ヒドリガモ オナガガモ
ハシビロガモ マガモ

◆参考サイト・資料

◆後記・・・

子供の頃・・・小学校の同級生の影響で小鳥を飼っていました。ジュウシマツ、ブンチョウ、セキセイインコ、メジロ。買ったり、貰ったり。小遣いをためて(だと思うのですが)小鳥の飼育本や図鑑を買って読み耽っていました。

おとなになっても、子供の時に夢中になったことを時々ふっと懐かしく思い出したりしませんか?私は野山を歩いている時に野鳥を見かけると、つい見入ってしまいます。姿が見えない時は、鳴き声の先を探して立ち止まってしまいます。

もっとも、妻は全然興味がありません。カラス、スズメ、ハトぐらいしか知りません。その他は全て「鳥」です。ようやくヒヨドリとムクドリの名前を覚えましたが、まだ区別が難しいようです。でも、立ち止まる私に苛立つことももなく、待っていてくれるので感謝しています。

トップページ <<前のページ|▲このページの先頭|次のページ>>
inserted by FC2 system